食と環境

オーガニック給食
【基礎調味料を知る】まるや八丁味噌浅井社長に聞く八丁味噌って何?〜地理的表示で八丁味噌と呼べなくなる!?新着!!

八丁味噌は、GI認証により、愛知県全般に広げられてしまい、400年の伝統を持つ「まるや」「カクキュウ」が外れてしまうという事態が 発生しました。

続きを読む
イベント
2022年10月28日フランスの給食豆レシピ3品「在来種豆でたのしむ秋の料理教室」

フランスの給食豆レシピ3品「在来種豆でたのしむ秋の料理教室」豆ホワイトソースのグラタン、秋野菜とひよこ豆のフライパンファラフェル、豆の煮汁でチョコレートムース 在来種豆との出会い 小川町では小川町周辺に残る「青山在来」と […]

続きを読む
イベント
おにぎり懇談会 2022年10月17日「未来へ繋ぐオーガニック給食」市民パワーで実現へ

おにぎり懇談会は、全国の学校給食を話し合う懇談会です。 今回は、NPO法人こどもと農がつながる給食だんだんの研修会開催でご縁のあった5都市、兵庫県豊岡市、千葉県成田市、長野県佐久市、高知県高知市、石川県金沢市から、報告し […]

続きを読む
イベント
10月14日(金)

北海道産小麦の魅力 小麦をベースとした農商工連携で地域振興 「春よ恋」「ハルユタカ」「キタノカオリ」「ゆめちから」「きたほなみ」パン好きなら聞いたことがあるのではないでしょうか? これらの小麦粉は北海道産、パン用小麦粉と […]

続きを読む
終了イベント
於)9月23日(金)【基礎調味料を知る】まるや八丁味噌浅井社長に聞く八丁味噌って何?〜地理的表示で八丁味噌と呼べなくなる!?

2つの材料で二夏二冬八丁味噌の材料はたったふたつ、「大豆」と「塩」大きな木樽に手間と時間をかけ、八丁味噌はできる。大きな石を摘む作業は圧巻で、1個50kgもの川石を積み上げるのにも5年から7年の修業が必要なのだそう。 江 […]

続きを読む
終了イベント
9月21日(水)Kusakanmuri 今村桂子さんのフランスから和食を考え,足もとの自然と生きる、野の草と和食のはなし

見逃し配信はこちらから フランスから和食を考える 足もとの自然と生きる、野の草と和食のはなし 今村桂子さんは、スイス、フランス、京都を行き来し料理をされています。 ご主人はフランスで117冊もの野草の本を出版するフランソ […]

続きを読む
於)2022年9月30日(金)確かな未来へ~身近にある資源(バイオマス・風・太陽)を生かす持続可能な農業 「食」と「エネルギー」自給循環型農場・霜里農場の実践

「美登さんがお米を作り、地域の酒造が日本酒を作る。 という地域連携で地域が豊かになるという利他の考えが大事と考えます。」 地域の産業の発展、地域の豊かさの視点の農業を営んできた埼玉県小川町の霜里農場、金子美登さん。 金子 […]

続きを読む
【見逃し配信】2022年8月26日(金) 伝統的和食はなぜいい? 世界でも認められる植物性食品中心の食生活をすすめる理由

和食はなぜ良い? 農林水産省の和食文化の実態調査では、和食は「健康に良い」「栄養バランスが良い」と意識していることがわかりました。和食がなんとなく良いのはわかっているけど、なぜ良い?欧米の研究、予防医学、東洋医学の視点で […]

続きを読む
【見逃し配信】2022年8月19日(金) 知ってる?納豆の世界

安くて栄養価の高い、納豆。身近な存在なのに、わからないことがたくさんあります。今回は、兵庫県で有機認証の工場を持つ納豆屋さん、相沢食産の社長、相沢勝也さんに納豆のことを伺います。 コロナが猛威をふるった2021年9月の統 […]

続きを読む
7月2日(土) neshian 山のアトリエの おにぎりとおもてなし

最もシンプルな料理のひとつ、 日本人の私たちにとって身近で、シンプルなおにぎりを一緒に作ります。おにぎり作りを通して、料理に対する想いや、盛りつけ、neshianの素材選び、おもてなしなど、日々大切にしていることを伺いま […]

続きを読む